巨大ピアノの音とビジネス

KLAVINS-Piano Mod.370という巨大なピアノが、1987年に西ドイツのボンで制作され、18種類のCDを録音して、その後解体されたと聞いていました。
Mod.370とはModel 370の意味で、ピアノの弦を張った高さが、3.7メートルもあることから名付けられたようです。

Klavins Piano 1

この左側に置いてあるのが、普通のコンサート用のグランド・ピアノで、右側の光があたっている壁の近くにオルガンのように大きくたっているのが、このKLAVINS-Piano Mod.370です。

それでは、何故このような巨大なピアノが必要だったのかというと、ピアノ弦の長さの問題です。調律師さんによると、コンサート用のグランド・ピアノでも、中域から低音にかけては、緩めてその音に合わせるようにしており、しっかりと弦を張った状態で最も低い音を正確に出すには、5メートルほどの長さが必要なのだとのことです。
特に、低域は弦の長さが長いほど音にロスがなくなり、迫力とクォリティが上がるそうです。

実際に、Mod.370の手持ちのCDを聴いてみると、確かに低域の音がまるで変わります。
オーディオ機器の低域再生能力にも影響されると思いますが、響き方が尋常ではなく、今まで聴いたピアノ曲をこれで聴き直してみたくなる程の衝撃です。

  

このMod.370は、解体されたということで、その後会社(KLAVINS PIANOS社)もないのかと思っていたら、最近、Mod.370″i”というが再建されたようです。


このMod.370iをベースに、注文品として、2.6~5.2メートルの間のものを受注制作するとありました。因みに、基本価格は€260,000(2千数百万円)です。
さらに、このMod.370iの音は「THE GIANT」として、ロック音楽や映画音楽などに使用するサンプリング音源として、今年になって発売になっています。
また、グランドピアノ風の4.08メートルのModel 408も紹介されています。

Mod.370としてクラシック音楽ファンやオーディオ・ファイルに与えた感動は、数十年を経て、大きなビジネスに発展してきていたのには、大いに驚かされました。
このようなビジネスの成功は、大変勇気づけられます。

PCオーディオをDLNAとiPhoneで操作

[ニュース追記]
DSD再生機能パッケージングの完全ファンレスの静音パソコン
「Ritmo DSDPlay」2013年2月1日発売開始

Foobar2000でPCがLINN DSの変わりになります。

PCオーディオというとWAVファイルに、とらわれ過ぎている人が多いような気がします。
タグの活用ができるFLACファイルを積極的に活用した方が、操作性が抜群に良くなります。特にCDのライブラリをNASで作ろうと考えている方は、FLACファイルへの統一が絶対に必要です。

そして、FLAC化した場合には、DLNAを使ってiPhoneのアプリによる操作を是非利用したいものです。
このDLNAのメディアサーバーは、DLNA対応のNASで良いのですが、問題はメディアレンダラーです。
PCのソフトによるメディアレンダラーは、何度かトライしてみましたが、なかなかうまくいきませんでした。しかし、Foobar2000を使ってようやく実現することができました。

できれば、PCはディスプレイなど付けずに、オーディオ機器のように電源を入れたり切ったりするだけにしたいものです。
さらに、LINN DSのサブシステムとして使いたいとすれば、当然のことながら、192KHz/24bitや176.4KHz/24bitなどのハイレゾ音源の再生も実現したいところです。同じNASのメディサーバーを共有することができます。

  (上の白いのがPC、下がDAC)

したがって、できるだけ廉価に高品質のものにしたいと思いました。

これらの前提で、先ずはPCには、以前テレビに繋いで使っていたエプソンダイレクトの超小型マシン「Endeavor NP12」を使用することにしました。
NP12は、Windows7が標準搭載、メモリーが1GBで、確か2万円くらいで買ったと思います。

そして、DACが必要です。
DACも以前廉価で購入した中国製「MUSILAND MD10」のUSBに繋ぎましたが、USB入力のサンプリングレートが48KHzまででしたので、M2TECHのDDコンバータ「hiFace」を経由させることにして、192KHzまでの再生を行うこととしました。

これで機器の準備は整いましたので、先ずはhiFaceのドライバーソフトをインストールします。
Windows7のコントロールパネルでサウンドデバイスがhiFaceとなっていることを確認します。

続いて、Foobar2000の本体をインストールします。
さらにFoobar2000には、componentsと呼ばれるプラグインがたくさん用意されています。
File > Preferences > Components で、現在インストールされているcomponentsが表示されますが、下のほうに「Get more components」と表記されているところをクリックすると、いろいろなcomponentsがダウンロードできるwebページが表示されます。
DLNAへの対応として、「UPnP/DLNA Renderer, Media Server, Control Point」をダウンロードし、コンポーネントに追加します。ダウンロード・フォルダーから、Foobar2000のメニューで、File > Preferences > Components で開いたインストールされた一覧ウィンドウにドラッグ・アンド・ドロップして、下の「Apply」ボタンを押せば、簡単にcomponentsはインストールできます。
同様に、DSDコンテンツをPCMで再生したい場合は、オープンソースのSourceForge.netのSACD Decoderを同様にインストールしておくと、可能になります。

ディスプレィを使用しないためには、もう一つ作業が必要でした。Windows7のスタート時起動プログラムへ、Foobar2000を登録しておきます。スタートアップ・フォルダーにFoobar2000のショートカットをコピーします。

また、ローカルやNASのディスクのフォルダーをライブラリ指定しておくと、DLNAメディアサーバーとしても使用できますが、1GBのメモリーでサーバーとレンダラーの両方を稼働させるのは難しいようで、時々音飛びが発生します。(ハイレゾ再生では頻繁に)

もう一つ、コントローラとするiPhoneへのアプリのインストールが必要です。
ここでは、ネットワーク・オーディオの雄である英LINN社のKinskyのiPhone版がお薦めです。
LINNの凄いところは、これらのソフトウェアをオープンソースとして公開しているところです。

さらに、このiPhoneアプリであるLINNのKinskyが、LINN DS以外にも広くDLNAメディアレンダラーを拾ってくれるので、Foobar2000のレンダラーも当然表示されます。
このFoobar2000をレンダラーでNASをサーバーにして、画面左のようなコントロールが可能となります。
右側は、HDTTサイトからダウンロードした192KHz/24bitのハイレゾ音源であるシャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団 ベルリオーズ「幻想交響曲」の再生例です。

   
LINN DSスタイルのネットワーク・オーディオが、PCをメディアレンダラーにすることで、FLACとDLNAの仕組みを使って、iPhoneアプリで操作コントロールすることができるようになりました。
単に、PCオーディオということではなく、新時代の操作性を、是非、お試しください。

PCのOSは、WindowsXPでも問題ありません。

後で考えてみたら、最近では「MUSILAND Monitor01 US USB-DAC/DDC」という便利で廉価(8~9,000円)なものがありますので、DDコンバータとDACのところは、これ1台で代替することができます。したがって、古いPCとこのDAC/DDCで、DLNAメディアレンダラーの構築ができてしまいます。