アファナシェフという純粋

モノラル録音を楽しむ

最近の演奏家の、分析的だったり、古楽器回帰的だったりする演奏も良いのですが、昔の巨匠の思いがこもった演奏が懐かしくなります。
モノラル録音というと、音が悪いというイメージがありますが、最近はデジタル・リマスターされていますので、1947~8年以降の録音であればLPレコードの時代とは異なり、ピュア・オーディオで十分楽しめます。
ピアノや室内楽など小編成のものはもちろん、オーケストラでもリマスターで音の分離が良くなると、往年の名演奏がリアルに再現できます。
ライブ録音が多いので、聴衆の咳払いなどの雑音は入っている場合も多いですし、音源がひとつなので定位感は出ませんが、感動させられる演奏はたくさんあります。

1.ソロモン/ベートーベン:ピアノ・ソナタ第32番
ベートーベン最後のピアノ・ソナタで、緊張感をもった演奏は迫力十分です。この他にも比較的良いモノラル録音がありますので、一度聞かれてみてはどうでしょうか。
   ベートーヴェン:ピアノソナタ集

2.ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団/シューベルト:弦楽四重奏曲第1番
この曲の第2楽章メヌエットは、大変エレガントです。以前アナログLP時代には、メロス弦楽四重奏曲の演奏をよく聴いていました。
このウィーン・コンチェルトハウス四重奏団は、音もよく優しい表現でとても魅力的です。
   シューベルト:弦楽四重奏全集

3.トスカニーニ/ベートーベン:交響曲第1番
以前はトスカニーニとNBC響の録音は古くて帯域が狭いものばかりで、あまり好きではなかったのですが、このCDには驚かされました。しっかりと聴くと、やはりトスカニーニという指揮者は評判通りだと感じたのがこのベートーベンです。それからいろいろと聴き直してみました。他にレスピーギのローマ三部作も有名です。
   ベートーヴェン : 交響曲第1番・第2番・第3番 「英雄」・第4番

4.ワルター/モーツァルト:交響曲第40番
このワルターとウィール・フィルによる第40番と第25番のト短調カップルは歴史的名盤です。
特に、ゆったりとした緩徐楽章は感動的です。ワルターはコロンビア響とのステレオ録音の素晴らしい演奏もたくさんありますが、このモノラルは格別です。
   モーツァルト:交響曲第25番&第40番

5.グレン・グールド/バッハ:ゴールドベルク変奏曲
この名盤は1981年録音のステレオ盤が有名ですが、このモノラル録音も同様凄味のあるバッハです。
リマスタリング効果が十分発揮されていると思います。
   バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤)

 

 

ベンチャービジネスの新ターゲットは「ニッチリッチ市場」

 

ベンチャー企業を取巻く環境が変化しています。
これまでは、ある程度の投資を前提とすることから、失敗した場合のリスクも大きく、ベンチャー企業の破綻は珍しくありませんでした。
さらに、成功した場合でも、大きくなった市場には、満を持して大企業が参入してきます。同じような商品やサービスなら、先行のアドバンテージしかないベンチャー企業は、知名度や信用力などから不利になり、業績はジリ貧とならざるをえない状況です。
それでは、過去最悪の不況と言われる昨今、日本を活気づかせるためにベンチャーはどうすれば良いのでしょうか。
極論すれば、市場は大きくしないことと、初期投資が少なくてよいことではないでしょうか。

大量生産大量販売が必要な大企業が、参入できない狭いニッチな市場がビジネスのターゲットとなります。初期投資を抑えるには、それなりに単価と付加価値は高くする必要がありますが、満足度も大きな商品やサービスとすることで、その市場でのリッチなユーザーの存在が不可欠になります。
このベンチャービジネスがターゲットとするニッチだけれどリッチな市場を「ニッチリッチ市場」と名付けたいと思います。
更に、最近では、ベンチャーの成功事例も、マス市場かをターゲットにしたものです。世界ではTwitterやfacebook、日本でもGreeやモバゲーなども、廉価で大量を目指しています。だからこそ、「ニッチリッチ市場」はビジネス・チャンスだと思います。

これらの市場は当然のことながら現在も存在するのですが、画期的な改善要素やアイデアがあれば、これはベンチャービジネスのターゲットとなるでしょう。

大企業が撤退している分野が狙い目です。

ここで「オーディオ」が登場します。

ハイエンドなピュアオーディオを楽しむ人はそう多くはありません。ニッチです。
最近は、団塊の世代が退職し余暇の活用として、オーディオ市場が盛上がっているとの話も多いですが、若い世代にも熱心なマニアはそれなりにいます。明らかに「ニッチ」、場合によっては変人ですが。
現在、日本で一番高いスピーカーはペアで約19百万円します。
標準的なシステムを組もうとすると、すぐ数百万円は必要になります。
プロの機器や設備よりもアマチュアの機器の方が高価な分野は、「オーディオ」ぐらいしかないのではないでしょうか?  このオーディオの価格設定は、ユーザーの満足度と関係します。単に原価がいくらかや原価を安くして価格競争をするのかではなく、ユーザーが満足できる音のために原価が高くても、また少量しか売れなくても良いようにビジネスプランをつくるのです。
因みに百万円を超えるオーディオ・ケーブルもたくさん存在しています。
間違いなく「リッチ」です。

そして、この市場からソニーやパイオニアなどの大企業は逃げ出しています。

オーディオ業界の老舗雑誌に「StereoSound」があります。
この雑誌は広告が多く分厚いのでも有名ですが、2009年に入り、総ページ数が大きく減少しました。これまで500数十ページだったものが100ページも減少したのです。もちろん広告分が減少したのです。リーマンショック以降大企業の付き合い広告などが大きく減ってしまいました。
ベンチャーにとっては、大きなビジネス・チャンスです。
従来のオーディオに何かの工夫を加えられれば、また、世の中を変えられる仕組みがあれば、今こそ挑戦すべき分野であるように思います。

市場は世界にも及ぶのです。フランスを訪れた時に、空港で雑誌をみていたら、オーディオ雑誌が数冊ありました。中はフランス語なのでよく判らないのですが、価格は確認できました。AccuphaseのDG-48が11,900ユーロ(約150万円)で日本価格の倍です。

欧州でも満足度を追求するオーディオマニアはいるのです。日本でも海外製品は現地価格の倍くらいしていますが、同様のことが欧州にも存在していました。

このチャンスに挑戦してみてはどうでしょう。