作者別: koshi kakuta

「nano iDSD」をfoobar2000でDSD再生


2014.4.9

昨年(2013年)12月に発売されて以来、売り切れで品不足が続いていた英iFI社の「nano iDSD」を手に入れて、いくつか試してみました。

2014.4.21追記—–
パッケージは、アップル製品を思わせるように、とてもシンプルでオシャレです。
IMG_0658

ご購入はこちらから。

弊社サイト Ritmo DSDPlay mini iDSDモデルも発売 または

Yahoo!ショッピング店 Ritmo DSDPlay mini iDSDモデルも発売 (ポイントがつきます)

—–

何しろ26千円程度の価格のUSB-DACで、DSD5.6MHzやDXD352.8KHzの再生ができ、iPhoneと繋いでポータブルでDSDやハイレゾ再生が可能となり、このデザインの良さから人気となるのも頷けます。

先ずは、株式会社千十七らしくRitmo DSDPlayのパソコンに繋いでみました。
指定されたWindows用のドライバ・ソフトをダウンロードしてインストールしました。
2014年4月現在のバージョンは2.19.0となっていますが、3月初めのころは2.15.0でしたので、かなりバージョンアップを進めているようです。
インストールが終わると、foobar2000側でnano iDSDを認識するので、他のDACの設定と同様に進めていきます。
ASIO Drivers
File>Preferenceを選択し、Playback>OutputのASIOをクリックします。
写真のように、ASIO driversの中から、foo_dsd_asioをダブルクリックします。
ASIO Drivers 2
小さなwindowが開きますので、画面のように、ASIO driver:にnano iDSD用のiFiを選択し、DSD Playback Method:でDoPを選択します。nano iDSDは3月現在ASIO Nativeには対応していません。
PCM to DSD Method:も、いつもの通り、SDM Typeを指定し、Fs:もいつも使用しているDSD128とします。

特に問題なく設定が終わり音出しです。
サンプリング・レートごとに登録しておいたプレイリストを再生して、nano iDSDのサンプリング・レートを表示するインジケータLEDの色を確認しました。ここで気になったのが、グリーンとシアンの色の違いが微妙だったことです。
サンプリング・レートとLEDの色の表示は以下の通りです。

サンプリング・レート  LEDの色
44/48kHz グリーン
88/96kHz イエロー
176/192kHz シアン
352/384kHz ホワイト
DSD2.8/3.1MHz ブルー
DSD5.6/6.2MHz マゼンタ

44.1系(44.1/88.2/176.4KHz)の再生では、マゼンタとなりDSD5.6MHzへの変換を確認できましたが、48系(48/96/192KHz)の再生で、192KHzを再生したところグリーンが出てしまったので44.1KHzとなってしまったのかと、いろいろ調べて見ましたが、別の目で見てもらったところ、どうやらシアンの色だったようです。

DSDへの変換再生では、再生開始時のブチノイズが他のDACよりも少し気になります。
また、DSDにおいてサンプリング・レートを変える時には、一旦再生を停止してから行うなど慎重に操作する必要がありそうです。変わった瞬間に若干のLED点滅とノイズが発生します。
[4/18追記]—–
曲トラックの変更やサンプリング・レートの違う曲の再生などの時に、ノイズだけで再生ができなくなったり、音がでなくなったりする現象が時々あります。
ドライバ・ソフトを最新の2.19.0に変更しても状況は変わりませんでした。
対応としては、foobar2000を再起動させることやPCの再起動などで解決しました。—–

再生音としては、メリハリの効いたはっきりとした音で高域低域も伸びているようです。
但し、大型システムに繋いでの再生では、iFI社の主張とは異なりますが、バランス出力がないこともあって、少しボヤケた感じが出てしまうように思いました。

次に折角なので、352.8KHzのDXD再生も聴いてみようと思い、ノルウェー2L社のサンプル音源データをダウンロードして確認してみました。

http://www.2l.no/ の右上プルダウンメニュー「2L Brand Store」から「Tech Bench HD audio files」を選択し、HiRes Download – test bench から、DXDを始め、DSD128(5.6MHz)やDSD64(2.8MHz)のサンプル音源がダウンロードできます。
DXDの音は、DSDに比べるとグッと情報量が増える感じです。DSD128かDXDかは、音楽の種類だったり、聴くものの好みによるのではないでしょうか。

foobar2000でDXDなどDSDに変換しないで直接のサンプリング・レートで再生する場合は、前述の小さなwindowのところのPCM to DSD Method:の設定をNoneにする必要があります。

iPhoneを使ってのポータブルな活用についても確認しました。
この方法は、販売元など様々なところで詳細な説明がされていますので、ここでは省略します。

ただ、こちらで入手したものだけかも知れませんが、本体をテーブルに置いたところ平行にならずガタつきがありました。こういうところはしっかりと作っておいて欲しいところです。
nano iDSD

ご購入はこちらから。

弊社サイト Ritmo DSDPlay mini iDSDモデルも発売 または

Yahoo!ショッピング店 Ritmo DSDPlay mini iDSDモデルも発売 (ポイントがつきます)

 

#23 クラシック専門 中古CDショップ「千十七」NEWS

2014.2.4 ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 ザンデルリンク/スウェーデン放送交響楽団
2011年に没した巨匠クルト・ザンデルリンクが晩年レパートリーとしていたショスタコーヴィチ交響曲第8番のスウェーデン放送交響楽団とのライヴ録音です。
交響曲第8番は、第7番「レニングレード」に続いて戦争をテーマとしたものですが、戦争の悲惨さをあらわしたように全体的に暗く沈痛な雰囲気で展開されていきます。旧ソビエト連邦下では、戦争での華々しい勝利が歓迎されてか、当初はあまり評価されなかったようです。
ザンデルリンクの演奏は、遅めのテンポで悲痛さをよく伝えています。録音も良く特徴的な低域がしっかり捉えられています。
#クラシック #中古CD
[録音年]1994 [製造年]2012
DDD Stereo [収録時間]1:10:16 [盤質]A [CD枚数]1
 売り切れました。
新品はこちらへ

2014.2.12 リスト:ウィーンの夜会(シューベルト「ワルツ・カプリス」) フランス・クリダ
リストの演奏家として有名な女流ピアニスト、フランス・クリダによる「ウィーンの夜会」です。
シューベルトのワルツ・カプリスをリストが編曲したもので、シューベルトのメロディの美しさとリストの力強さが一緒になり、クリダの演奏も鮮やかです。
高域も綺麗に広がった録音で大いに楽しめます。
#クラシック #中古CD
[録音年]1998 [製造年]1999
DDD Stereo [収録時間]1:12:20 [盤質]S(未開封) [CD枚数]1
  売り切れました。
2014.2.18 ハイドン:ピアノソナタ第47/60/53番他 スドビン
ハイドンの後期のピアノソナタは優雅でありながら心弾むメロディで彩られています。
ブレンデルやリヒテルなどの名盤もたくさんありますが、ロシアの若手1980年生まれのエフゲニー・スドビンのSACD盤は、音の良さも含めて一押しかも知れません。
30歳前後に録音されたこの演奏は、既に巨匠的な重みを持っています。これからの録音が楽しみなピアニストです。
#クラシック #中古SACD
[録音年]2010 [製造年]2010
SACD Hybrid Stereo Multi [収録時間]1:15:10 [盤質]A [CD枚数]1
 売り切れました。
新品はこちらへ

2014.2.25 ラフマニノフ:交響曲第2番他 ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプールフィルハーモニー管弦楽団
1976年生まれの実力派指揮者ヴァシリー・ペトレンコによるラフマニノフの交響曲第2番です。
首席指揮者であるロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団との演奏で、何かふんわりとした独特の雰囲気を醸し出しています。
録音としては少し控えめな感じですが、ラフマニノフらしい美しいメロディに彩られたゆったりとした表現で展開し、弦や木管が積み重なっていく様相は実に繊細です。
#クラシック #中古CD
[録音年]2011,2012 [製造年]2012
DDD Stereo [収録時間]1:13:05 [盤質]B [CD枚数]1

新品はこちらへ

2014.3.5 シューマン:交響曲第1番「春」他 スクロヴァチェフスキ&ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
NHK交響楽団や読売日本交響楽団の指揮で日本でも有名な、ポーランドの指揮者スクロヴァチェフスキによるシューマンです。
その複雑な名前から、欧米でもなかなか名前が覚えられず「ミスター”S”」と呼ばれていたという話も聞いたことがあります。
演奏はドイツのザールラント州を本拠とする「ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団」とこれまた複雑で長い名前です。
演奏は丁寧でスッキリと展開され、ドイツらしさを感じさせる名演です。
#クラシック #中古CD
[録音年]2007 [製造年]2007
DDD Stereo [収録時間]1:06:16 [盤質]B [CD枚数]1

新品はこちらへ

2014.3.11 チャイコフスキー:バイオリン協奏曲他 ソコロフ&ジンマン/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
現在、情勢悪化が伝えられるウクライナ出身のバイオリニスト、
ヴァレリー・ソコロフのチャイコフスキーとバルトークの協奏曲です。
1986年生まれ(当時23~4歳)の天才と共演するのは、デイヴィッド・ジンマン率いる名門チューリヒ・トーンハレ管弦楽団です。
バイオリンの音がしっかりと柔らかく響きます。
数々のコンクールで優勝した実績は本物で、音楽性豊かに細かいニュアンスなど見事に表現しています。
#クラシック #中古CD
[録音年]2010 [製造年]2011
DDD Stereo [収録時間:]1:13:59 [盤質]A [CD枚数]1
 売り切れました
新品はこちらへ

 

「Yahoo!ショッピング」店開店記念 スプリング・キャンペーンを開催 ~SACD用プラケースをプレゼント~

2014.3.5

クラシック専門 中古CDショップ「千十七」では、2/21よりの「Yahoo!ショッピング」店の開店を記念して、「Yahoo!ショッピング」店および弊社webショップでのCDご購入者様へSACD用プラケースのプレゼントを開催いたします。
3/5から4/30までの間、1回の注文でCD(SACDかCDどちらでも)を3点以上お買上げいただきましたお客様にもれなく、写真の Super Jewel Box社製「SACD用プラケース」未使用品1個(3点につき1個、6点では2個、以降同様)をプレゼントいたします。今回も期間通算はありませんので、まとめてのご購入をお願いします。

IMG_0380-s

このチャンスに是非お買い上げいただき、SACDの整理などにお役立てください。

[ご注意] SACDのプラケースには、ヒンジの形状が2種類あり、古いものは短く新しいものは長めになっており、今回プレゼントするものは写真の通り新しいタイプのものです。

「Yahoo!ショッピング」店へは、こちらから。

クラシック専門 中古CDショップ「千十七」へは、こちらから。

また、SACD用プラケースの販売も11月より始めておりますので、それぞれのwebショップの「Super Jewel Box」にて検索してください。