foobar2000のRitmo DSDPlayに「nano iDSD」モデルを追加

2014.5.12

好評発売中のRitmo DSDPlay miniですが、最近話題の英iFI-Audio社のDSD-DAC「nano iDSD」と組み合せたお手軽モデル「Ritmo DSDPlay mini iDSDモデル」を発売しました。

Ritmo DSDPlay miniは、CPUパワーの関係から、CDやFLACからのDSD変換再生は、2.8MHzを推奨としております。
(スペックとしては5.6MHzも可能)

Ritmo mini iDSD

本モデルは、光学ドライブレスにより超小型化を実現。価格も抑えてPCオーディオでのDSD再生入門機として最適です。
アルミ削り出しスタイリッシュデザインの小型筐体で設置場所を選びません。
標準セットのDAC iFI-Audio「nano iDSD」との組み合わせでDSD2.8MHzでの再生を推奨します。PCMからDSD5.6MHzへの変換再生においてはノイズが入る場合があります。

[Ritmo DSDPlay miniモデル仕様]
CPU:Intel Celeron847 1.1GHz
メモリー:8GB DDR3-1066MHz
起動ディスク:128GB SSD
光学ドライブ:なし
OS:Windows 7 Professionel 64bitプリインストール
標準仕様付属DAC:iFI-Audio 「nano iDSD」
インストールソフト:Foobar2000プリインストール(DSD再生/DLNA対応設定済)、DAC用ドライバーソフト
電源:65W AC Adapter
リアポート:HDMI x2 / USB2.0 x2(別途フロントに1ポートあり) / LAN x1
付属品: ACアダプター、ACケーブル、iFI-Audio「nano iDSD」

ご購入はこちらから。

弊社サイト Ritmo DSDPlay mini iDSDモデル発売 または

Yahoo!ショッピング店 Ritmo DSDPlay mini iDSDモデル発売 (ポイントがつきます)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください