国内盤SACDがタワーレコードとamazonで特別価格

国内盤のSACD(super audio cd)の価格は、ほとんど定価が決まっているため高止まりの傾向にあります。
現在、タワーレコードが、2014年の1月末日まで、hybridではないシングルレイヤーなので、SACD専用再生機器が必要ですが、AltusやTokyo FMレーベルが2,000円を切る価格でキャンペーン中です。

[2014.2.1から元の価格に戻ってしまいました。]

これらの盤は、日本でのライヴ録音が中心となっており、あのチェリビダッケやムーティ、渡邉暁雄や朝比奈隆などの楽しみな演奏が含まれています。


SACDの為に新DSD化 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル ’86年来日公演

ブラームス : 交響曲 第4番 ホ短調 他

ハイドン: 交響曲第48番 ハ長調「マリア・テレジア」Hob. I :48 ベートーヴェン: 交響曲第3番 変ホ長調「英雄」Op.55 リッカルド・ムーティ(指揮) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

【曲目】 シューマン: 交響曲第4番 ニ短調 op.120 ムソルグスキー(ラヴェル編曲): 組曲「展覧会の絵」 ドヴォルザーク: スラヴ舞曲第8番 ト短調 【演奏】 セルジュ・チェリビダッケ (指揮) ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

 


朝比奈隆 伝説中の名盤ついにSACD化 1973年伝説の東京ライヴ「ブルックナー: 交響曲第5番」

【曲目】 スメタナ: 「わが祖国」全曲 【演奏】 ヴァーツラフ・ノイマン(指揮) チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

【曲目】 ベートーヴェン: 《エグモント》序曲 作品84 交響曲第6番 ヘ長調 作品68《田園 交響曲第7番 イ長調 作品92 リハーサル (エグモント/交響曲第6番) 【演奏】 オイゲン・ヨッフム (指揮)、バンベルク交響楽団

 

これに対抗したのが、amazonです。
一部の商品で新品の価格をタワーレコードよりも若干廉価に設定しています。
こちらは期限は設定されていませんが、多分、タワーレコードと同じころまでなのでしょう。

シューマン : 交響曲 第4番 他

このチェリビダッケを始め、タワーレコードが廉価にしたものと同じものが下がり始めています。Tokyo FM盤もいくつかあります。

 リヒターのバッハ/ゴルトベルク変奏曲

国産のシングルレイヤーSACDの音をお楽しみください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください