オーディオの醍醐味は弦楽四重奏

弦楽四重奏をオーディオで聴くと、生の演奏会では味わえない感動があります。
演奏会では一つの塊となってハーモニーとして聴こえてしまう、各楽器の定位がはっきりと実感できます。
オーケストラなど大規模な編成の場合は、それぞれの楽器を明確に捉えることはなかなか難しいのですが、弦楽四重奏の場合は、弦楽器だけで単一音色であるため、定位感が楽しめます。
また、オーディオの場合は、音量も自由に大きくできるので、ピアニッシモさえ綺麗に再現できれば、緊張感は、生とは比べ物にならないくらい高まります。
弦楽四重奏というとちょっと地味ではありますが、作曲家の個性もよく出ている曲も多く、オーディオの醍醐味だけではなく、音楽としても十分楽しめると思います。

1.アルバン・ベルク四重奏団/ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」
この曲の第二楽章はドイツ国歌となっています。アルバン・ベルク四重奏団にはより洗練された新録音も良いですが、この旧盤の方がしっくりきます。
  ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」、第74番「騎士」

2.メロス弦楽四重奏団/メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲全集
この四重奏団は音色が柔らかく、このメンデルスゾーンやシューベルトが楽しめます。ベートーベンの第11番セリオーソなども他とは違った適度な緊張感で感動的です。
  メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲全集
3.ハーゲン弦楽四重奏団/ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第3番&第7番&第8番
ハーゲン四重奏団は、はっきりとした録音が特徴です。定位感もはっきりとしています。このショスタコーウ゛ィチは近代の作曲家でもあることから、より鮮明な弦楽四重奏を楽しめます。他にシューマンもドイツ的な構成をよく表現できていると思います。
  ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第3番&第7番&第8番

4. スメタナ四重奏団/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番&第2番&第3番
DENONがデジタル録音を始めたころのスメタナ四重奏団の演奏です。ベートーベンの初期の弦楽四重奏曲は、何か心が温まります。
  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番&第2番&第3番

5.エマーソン弦楽四重奏団/バッハ:フーガの技法
この曲を弦楽四重奏で演奏するのは珍しいです。今回のオーディオの醍醐味として聴くには良い演奏です。エマーソン弦楽四重奏団は他の作曲家の弦楽四重奏曲でも良い演奏がたくさんありますが、このバッハは面白いと思います。
  バッハ:フーガの技法

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください