本文へスキップ

株式会社千十七はいろいろな感動を追求する会社です。

〒238-0314 神奈川県横須賀市須軽谷1017-2

テンアートニ創立10周年に思うこと  (2007年10月02日)

523日は、Javaの誕生日(初めてJavaと言う名前が発表された日)であるとともに、テンアートニ(現サイオステクノロジー)の創立記念日でもある。Java1995年だったが、テンアートニはちょうど2年後の1997年に創立した。


【テンアートニ創業期1997年の広告】


 私は19971月に大塚商会と顧問契約を行い、6月までに大塚商会の子会社として先端技術を追求できる会社の設立を準備していた。
 当時の米国のIT関連ニュースをウォッチしていて、「米国で話題沸騰、日本ではまだこれから」というものを採り上げようと思い、先ずJavaをビジネスの中心にすることは決まった。
 このころのJavaは、まだアプレットだけしかなく、サーバーからダウンロードさせてクライアントで実行させる方式である。このダウンロードさせるサー バー側をどうするか、創業メンバーといろいろ議論した結果、米国の雑誌の記事の中に、NetscapeLinuxの組合せが、 SolarisWindowsサーバーと並んで掲載されており、Linuxはフリーソフトウェア(当時はまだオープンソースという言葉はない)として新 鮮でJavaにはピッタリだと思った。
 但し、当時のSun Microsystemsにしてみれば、JavaSolarisサーバーを売るための道具でもあったので、あまりやりたくなかったようだ。
 したがって、我々にとってこのニッチなマーケットは、まだ手付かずで魅力的なものとなった。
 こうして、「JavaLinuxによるSI企業 テンアートニ」は誕生したのである。
 テンアートニという名前は、企業をターゲットとしていたことから、企業内でのインターネット利用を意味するイントラネットを英字intranetにし て、逆から読みtenartniに、更にtenを数字の10にしたものである。10(たくさん)art(芸術的)ni(ネットワーク・イノベーショ ン)の意味にもつながった。


【Linux開発者Linus Torvaldsのサイン入りノートPC】


そ のころ、日経
BPのある編集長と話していたら、最近の学生はJavaやフリーソフトウェアに詳しい人たちが多い。アルバイトで使ったらフリーソフトウェア の経験の少ない一般のSEよりも効果が高いのではないか、との指摘を受け、学生アルバイトを募集したところ、超一流大学の学生や院生たちがたくさん集ま り、一時は10名くらいいたように思う。
 彼らも、これらの技術を追求していたが実際に試す場がなく、当時のテンアートニで仕事として実践することは楽しいことのようだった。
 ある意味では、彼らとのコラボレーションがテンアートニの創業期を支えてくれていたような気もする。

今年の523日には、十分に連絡がとれなかったが、それでも20数名のOBOGたちが集まり、セルベッサ(外食受発注システムのオープンソース)でご縁のあるニユートーキヨー本店の9階で、10周年記念の宴を催すことができた。
 一番驚いたことは、「社長」が多いこと。
 小さな企業とは言え、自分で会社をやってみたいという気持ちは、ベンチャーとしての第一歩でもある。
 そして、世の中の何かにチャレンジすること。何かとはその人の環境や時代によって異なるかもしれないが、ただ会社を立上げて社長になっただけではベンチャーではない。
 これは、10年前のテンアートニも同様であった。
 世の中を変えるために、ITビジネスの仕組みを変えるために、ベンチャーとして活動してきた。JavaLinuxは、あくまでも環境や時代が与えた キーワードであり、今の時代となっては、この2つは完全に一般化してしまっているのである。これについては、Red Hat Linuxの普及を推進し実現したサイオステクノロジーの喜多社長の努力によるところも大きい。
 何か新しいキーワードを掲げ、ベンチャーとして新たなチャレンジをして欲しい。
 大袈裟にいえばテンアートニのDNAとでもいえるものを、OBOGを含め社員が持ち続けてもらえていることは大変に嬉しいことである。
 もちろん、現在のオープンソース・ジャパンの社員も同様で、それぞれいろいろなことにチャレンジしているところである。そういう私もまだまだチャレンジの最中なのだ。

これらのメンバーの中から、株式公開を目指すような人たちが現われ、世の中を変革する旗手となる人がでてきて欲しいと心より願っている。

このページの先頭へ

バナースペース

株式会社 千十七

〒238-0314
神奈川県横須賀市須軽谷1017-2